渋谷の歯医者さんで定期的な歯石取り

予防に力を入れる渋谷の歯医者さんでは、定期的な検診とクリーニングを勧めています。クリーニングは歯科専用の器具を使った専門的なもので、PMTCと呼ばれています。口の中には、膨大な種類の細菌がいます。
その中には善玉菌も悪玉菌もいます。

歯科疾患の代表である虫歯と歯周病は細菌による感染症で、虫歯菌や歯周病菌は悪玉菌の代表といえます。

こだわりの渋谷の歯医者情報を利用してみませんか?

悪玉細菌は、口の中に食べ物や飲み物が入ってくるとそれをエサにして増殖します。


そして細菌どうしで塊となってねばねばしたバイオフイルムを形成して歯にくっついてプラークになります。

つまりプラークは細菌のコロニーですが、歯ブラシを使って丁寧にブラッシングをすることで落とせます。

しかし、毎日の歯磨きで毎回100パーセントのプラークを取り除くことは困難で、磨き方の癖や、歯並びなど形状的な要因で磨き残しができてしまうことがほとんどです。



磨き残しのプラークは、時間が経つと歯石になります。


歯石はプラークに唾液中のカルシウムなどミネラル分が付着したもので、ブラッシングでは落とすことができません。


渋谷の予防重視の歯医者さんで定期検診を受けると、PMTCのクリーニングで磨き残しのプラークや歯石をきれいに取り除いてもらえます。歯石やプラークは、歯と歯茎の境目の隙間など見えにくいところにも溜まっています。
渋谷の歯医者さんのPMTCでは、この歯周ポケットと呼ばれる隙間にもスケーラーという先端の細い器具を入れて溜まっている歯石やプラークをかきとります。

プラークや歯石は虫歯菌や歯周病菌の塊なので、定期的にPMTCを受けてリセットすることで口の中の悪玉細菌を少しずつ減らすことができます。